2020年02月14日

水島京子 その3

水島京子 (?~?)

1964年4月29日放映「特別機動捜査隊」の第131話「年輪」。ゲスト出演して養育院に入所している

老婆のおふくさんを演じている水島京子。水島京子の配役クレジットは、最初から4枚目で6人連

名の3番目である。つまり、橋本菊子、糸井光弥、水島京子、天野照子、秋月喜久枝、園田義人と

言う事になる。糸井、秋月のリアル夫婦に天野照子と共に挟まれている形である。まあまあの位置

だと思われる。それで何で、この水島京子のおふくさんだけが名が出て来るのかと言えば、このお

ふくさんは大の銭湯好きなのである。事件に対して意味ありげな発言をしていた老婆として登場し

て来るが、銭湯好きのために席を外してしまっている。銭湯は養育院の直ぐ側にある。特捜隊も早

く話を聞きたいと思っているので、女子寮の寮長(滝千江子)が銭湯に様子を見に行って来る。そし

て漸くおふくさんは銭湯から出て来る。寮長は「おふくさんです」と特捜隊に紹介するのである。

posted by ranabe at 04:09| 生涯大河に出演しなかった俳優 | 更新情報をチェックする